カナbunbun♪

誰にも言えない想いを自分なりの言葉で、ここに書いてます(^-^)

お泊まりデート②

カイの仕事も定時で終ったみたいで、私が駅に着く前には待っててくれました。


「改札出て、左手の駐車場に停まってるから」とのLINE。


駅に電車がついて、


改札出る時には、


私の口角はゆるみまくってて( ̄▽ ̄;)


他人様が見たら変な人!!


にやける顔面を必死で抑えとりました💦💦


1年ぶりのお泊まり❤


私の好きなブラックコーヒーを用意してくれてて....


開口一番

「クルリンヘアーが可愛い💠」


(*≧∀≦*)(*≧∀≦*)(*≧∀≦*)


ショートから少し伸びて、かけたクルリンパーマが余程お気に入りなのか?


最近、「可愛い」の猛攻撃を受けております。(注意:実際はただのオバチャンですけどね💦こんな事を言ってくれるのはカイくらいなもんです(^-^;))


車に乗り込んで、目的地方面へ走りながら

中華のテイクアウトの電話📞


電話や問い合わせ、対人関係などは主に私の担当(^^)v


恥ずかしがり屋のカイは苦手分野なので💦


私達は得意分野が真反対なので、丁度よくお互いを補いあってます。


だから、一緒に住んだら、絶対に役割分担が上手くいくと思ってます。


中華を受け取り、宿泊先の近くのコンビニで飲み物類を買い込んで、少し早めのチェックインとなりました。



ここは大切な場所


初めて結ばれた場所


つい最近になって、あの日の事をについて話してた....


「めちゃくちゃ緊張して直視できなかった」

「本当に抱いていいんだろうか?」

「どうやってそういう風に持っていこうか?」「覚悟してきてるのか?」・・・


カイは色んな事が頭の中でグルグルしてたんだって(^^)


この間、初めて聞かれたの。

「そうなってもいいって思って来てたの?」


その問いに、

「そうなってもいいって思って覚悟してたよ」と即答した。






そこは、とても景色の良い所で夜景がめちゃくちゃ素敵な所なんです。


あの日、窓際の出窓のスペースにビールを置いて二人で飲んだんだけど、あの時しきりに「夜景を観よう🎵」「綺麗だね~」・・・とか外に目を向けさせようとしてたのは、緊張してたのと、恥ずかしくて直視出来なかったらしくて、どうやってそっち側に持っていこうかと必死だったんだって(^-^)


面白いよね~💓


だって、あの時は正式に付き合ってたわけじゃなく友達だったから...


でも私はカイの事が大好きだったので、そうなる覚悟で行ってた。むしろ、そうなる事を望んで....カイが遊びであってもいいってくらいの気持ちで行ってた。


あの時、そんなにカイが緊張してたなんて思ってもみなかった(^-^)


あれから2年が過ぎ、初めて訪れた。





あの時と同じように窓際へ


今回は早目に入れたので、明るい景色からじんどって、食べ物と飲み物を拡げて、乾杯した(^^)/\(^^)


すぐ前が海で波の音がBGM


行き交う船


遠くには都会の景色が見えて


時間とともに景色が変わっていく。


向こう岸の街並みがあっという間に

キラキラとした夜景に変わる。


初めてのあの日の事をツマミに二人で飲んだ。


今回は最初から景色を堪能出来るほどの余裕でね(*^ー゚)💕


ここに来て良かった(*´ω`*)

二人の出発点



お付き合いが続いてる今があるからわかった発見もあったね。





つづく

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。