カナbunbun♪

誰にも言えない想いを自分なりの言葉で、ここに書いてます(^-^)

許せない!!

悔しい


身動き取れない今の環境



ご免なさい。楽しいデートの話ではありません。日曜のデートはつつがなく終わりました(^-^)



昨夜、


娘の心をまたもや深く傷つけられました。



一見、


とても恵まれた環境のようにうつる我が家は、まるで独裁者の牢獄です。


見えない鎖で縛られて、

言い様のないピリピリとした毎日を送りながら、精神的な苦痛を常にかかえていて、


それが噴火して苦しめられる。


息を圧し殺すように、当たり障りのない毎日を過ごす事だけに重きをおき、


子供たちに危害が及ばないように、


それだけを考えながら、


常に言動行動に注意してきた。



それが、たまに苦しくなり逃げたしたくなる。けれど逃げ出せない。


この子達は誰が守ってやれるのか...






でも奴は、また精神的に娘を傷つけた。


泣きじゃくり寝れない娘を抱き抱え、


声を潜めて、娘の背中をさする。




喜ばせておいて、地獄に突き落とす。


やり方が汚い!!



怯える娘と


ただはげましあうだけの非力な自分が情けない。


「お友達は、○○ちゃんのうちは、家も大きくて、お金持ちでいいねっていわれるけど、全然良くない。みんなのおうちのが絶対にいいよ」「お母さんがわかってくれてるから耐えれる」「我慢できる」...


(※実際にはお金持ちではありません。子供の目線です💦)





こんな言葉たちを小学生の子に言わせる、思わせてる、奴は本当に最低だ!!




私の男嫌いは、どんどんひどくなってしまったが、娘が心配だ。


家は1番安らげるはずの場所

なのに、我が家は違う。



子供たちが成人するまで、私だけが苦しむのならと我慢してきたのに、


間違っていたのかも知れない。

本当にごめんね😢




綿密に計画を立てて、

ここを出ていく日を早める事を決意した。


子供たちの行く末がおおかた定まったのを見届けてからと想っていたが、上の子が大学生になる1年後を目処に娘を連れて、ここから逃げ出そうと...



暗闇の中、娘に誓った夜でした。




ここのカテの内容じゃないけれど、どうしても書いて気持ちを吐き出したかった。




カイとのことはまた後日.....

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。